考えている女性

性病のカンジダは体にいろいろな影響を及ぼすため、感染している可能性があるのに何の対応もせず放置してしまうのはよくなく、薬を使って的確な治療を進めていかなければ完治が難しい病気です。自然に治るのではないかと甘い考えを持っていると、思わぬ危険もありますから、早い段階でクリニックに足を運んだほうがよいでしょう。

カビの仲間として知られているカンジダは、女性性器あたりが増殖に適した環境になっているため感染率が高いです。湿っているところを好んでカビが生えますが、女性の外陰部や子宮頚部あたりは常に湿度が高い状態になりやすいため一度感染してしまうと爆発的に増殖する可能性があります。膣内部は普段、悪い菌の侵入を防ぐため自浄作用が働く構造になっています。乳酸菌が常在し悪い菌を退治してくれているのですが、この乳酸菌の量が減ってしまう事態が起こると性病に感染する可能性が高まるとともに、増殖も許してしまいます。

カンジダの菌が多くなってくると、おりものが白くなり豆腐のカス状のものが膣内に付着することが大変多いです。ヨーグルト状やカッテージチーズ状などと表現される場合もあります。増殖が進んでいるということは、退治できる乳酸菌が弱まっているか量が減っている状態ですから、自然治癒は望めません。薬によりカンジダを殺菌していかなければ、状態の改善は期待できません。自浄作用が衰えるのは体調不良で免疫力が低下した場合も起きやすいですが、他の病気の治療のために使った抗生物質で乳酸菌が弱まったり、清潔にしようとビデで膣を洗いすぎてしまったりしただけでも影響します。男性は全く性病のカンジダにならないというわけではなく、増殖しやすい状況と免疫力の低下があれば性器などに感染することがありますから軽視してはいけません。感染者と性行為を行えば誰でもうつることがあるため、諸症状がではじめたら診てもらった方が無難です。

放置していると強いかゆみが痛みを伴うようになるなど、症状が悪化していきます。性器に炎症が起きていると痛みや腫れのほか灼熱感があり、性交通を感じる人もいます。範囲も徐々に広がっていくため慢性化して、治療を始めても治まるまでに長い期間かかることが多いです。まだ軽い段階で対応していけば、我慢できないかゆみを早く治めることができます。性病科があるクリニックや皮膚科に泌尿器科、女性は婦人科などでも性病の検査や診療が受けられます。しっかりと完治を目指さないと症状が改善されたように見えても菌が残っていて、免疫力の衰えたときや女性は妊娠時などに再発する可能性があるため注意しましょう。